リアルプロモーション代表の松本氏に見る経営術

リアルプロモーションの松本氏の経歴

読者の皆さんは「リアルプロモーションで代表を務める松本氏」をご存知でしょうか。

松本氏はシリアルアントレプレナー(連続起業家)として、またマーケターとして非常に優秀なビジネスマンです。簡単に松本氏の経歴を紹介します。

慶應義塾大学環境情報学部卒業後、新卒で富士通株式会社に入社し、その後に株式会社DeNA に転職してモバイルマーケティングに従事していました。その後スマホ集客やマーケティングを専門にする会社として、2011年に株式会社リアルネットを創業します。2014年には化粧品通販事業を展開して、事業を拡大していき年商10億円、利益1億円にまで成長させ、20代経営者のベストベンチャー30に選出されている実力のある起業家です。その後、2019年10月に大手企業に会社を売却しています。

松本氏が手がけてきた事業は全部で10事業となり、その事業を多角的に展開し、経営する会社の年商規模は30億円を超えています。さらに事業売却や事業譲渡、会社売却も経験しているのでしっかりとした出口戦略が描ける起業家となっています。

リアルプロモーション 松本氏の著書

松本氏は自分が経験してきた知識を多くの人に伝えるため本を出版しています。非常に多くの著書が出版されているのですが、その中でも特に編集部が気になったものをご紹介いたします。

 

本書は、年商10億円企業の創り方を、著者が自らの実体験に基づいて語る、数少ない書籍。メルマガ読者5万人を擁する連続起業家のノウハウを存分に吸収し、ご自身の会社の成長に役立てていただければ幸いです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4827212732/

 

もう「客がこない」なんて言わせない!ネット集客未経験でも大丈夫。問い合わせ激増のサイトが作れる。人を引きつけるコピーが書ける。費用対効果の高い広告の出し方がわかる。すべてのBtoCビジネスに効果あり。スマートフォンユーザーを呼び寄せる最強サイト構築法。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/487723182X/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i1

リアルプロモーションの事業紹介

リアルプロモーションの松本氏は3つの事業を運営しています。では、それぞれがどのような事業なのか紹介をしていきたいと思います。

1. 総合マーケティング支援事業

企業が成長する肝はマーケティングであるのではないでしょうか。どのように自社のサービスや商品を市場に対して提案していくかということによって、エンドユーザーの捉え方を180度ガラッと違うものにしてしまうからです。そのマーケティングに力を入れている事業が「総合マーケティング支援事業」となっています。リアルプロモーションの場合は、B to B向け商品・サービス及びB to C向け商品・サービスを独自のマーケティングスキームを用いてプロデュースする事業を行っています。

簡単にランディングページ制作や広告運用を行うだけではない、商品サービスのコンセプト設計や事業戦略設計、書籍出版・広報PRまで総合的に手伝ってくれるところが大きなポイントではないでしょうか。また、これは非常にユニークなポイントになっているのですが、初期費用や月額費用は一切なく、完全成功報酬でのサポートになっています。実力が伴っているからこそ提案できるビジネスモデルではないでしょうか。

2. 講演会・イベント事業

著名人・実業家の方をお招きして、中小企業の経営者や個人事業主・ビジネスマン向けに講演会やイベント開催をしています。マーケティング戦略・多角化戦略・経営戦略など多岐に渡るテーマで講演会を運営してくれるので、参加する起業家の方などには良い声をもらっているそうです。

3. 経営コンサルティング事業

新規事業の立ち上げのコンサルティングサービスを提供しています。ビジネスモデル設計・マーケティング戦略・営業戦略・商品企画など、新規事業を立ち上げる際に非常に大事になる部分を中心にコンサルティングを実施してくれます。過去に様々な事業を創業し、そして成功に導いてきたからこそ多岐にわたる成功のポイントを的確にアドバイスができるのではないでしょうか。

リアルプロモーションの考え方

企業は組織として活動していく上において、共通の価値観を持つ必要があります。なぜこの会社は存在しているのか。どのようなメリットをお客様に対して提供することができるのか。この点をしっかりとリアルプロモーションでは考え、7つの思考行動指針を共通の価値観として掲げています。この7つの思考行動指針についてご紹介します。

①自ら考え、行動し、協力を仰ぎながら、結果を残す

人に指図されてからでないと行動はしないという、ただの指示待ち人間にはならない。ただ、考えると言っても、机やパソコンに向かっていることが考えることではない。考えるというのは、自ら自発的に行動することである。「どうすれば良いですか︖」という発言が出てくることは、考えていない証拠である。「こう考えていて、こうしようと思ってるんですが、どうですか︖」という発言は、自ら考えているからこそ、出てくるものである。その上で、行動したとしても、結果が出ないこともあるだろう。その時には、一人で考え込まず、相談して行動修正をしよう。正しい行動と努力をすれば、必ず結果はついてくる。

②上手くいった時は周りに感謝、失敗した時は自分の責任

仕事の中で上手くいったことを自分の手柄だと考えていては、一回は上手くいったとしても、その後に継続的に上手くいくことは絶対にない。所詮、1人で出来ることなど大したことではない。会社として、チームとしてやるからこそ、大きな結果が生まれる。ただし、何か失敗した時や上手くいかなった時に、会社のせいだ、チームのせいだ、自分以外の周りのせい、環境やタイミングのせいには絶対にしてはならない。そういう人は、いつか孤独になり、周りに助けてくれる人がいなくなるのは明らかである。上手くいった時は、周りのおかげであると考え、上手くいかなかった時は自分の責任だと思える人こそが、継続的に仕事において成果を出せる人間となる。

③「なぜ?」と「どうすれば?」を常に自分に問いかける

「なぜ︖」と「どうすれば︖」は自分自身への問いかけとして最強の2つの質問である。良質な答えは、良質な問いかけからしか生まれない。何か物事を見た時(例えば、それがある広告でも良い)には、「なぜ、そうなっているのか︖」を常に考えよう。それを考えることで物事の本質にたどり着くことができる。そして、「これは絶対に無理だ︕」と思えるような難題にぶつかった時には、「どうすれば、できるだろうか︖」と考えよう。考えることを諦めてしまったら、そこで終わり。仕事を進める上で、「なぜ︖」と「どうすれば︖」の2つの質問を自分自身に投げかける癖をつけよう。

④自分の仕事だけやれば良いは論外

それぞれの仕事と役割はありますが、それ以外は自分に関係ないということは絶対にない。例えば、同じチームの誰かが大変で困っている時に、自分は見て見ぬふりをすることは、自分だけ良ければ良いという器の小さい人間の発想。仕事は1人でするものではなく、チームや会社の組織としてやるもの。自分の手が空いた時や周りに忙しくて大変な状況に陥っている仲間がいたら、自ら声をかけてサポートしよう。逆に、自分1人では大変でどうしようもない時には、遠慮せずに周りに助けを求めよう。持ちつ持たれつの関係こそが、円滑に仕事を進め、さらに成果を出すためには必要となる。

⑤お客様は神様ではない

お客様は神様ではなく、普通の人間。ただのイエスマンになることが必ずしも、お客様のためになるわけではない。お客様から「こうしたい︕」と言われても、プロとして時にはノーを突きつけることも必要となる。一番大切なのは、何が一番お客様のためになるかを考えること。お客様に要望されたとしても、お客様のためにならないのであれば、それはハッキリと断る勇気を持とう。お客さんが自分のことを考えてくれて言ってくれていると分かれば、こちらの意見を分かってもらえる。

⑥人や物事の50%を見る

この世に100%完璧な人間などいない。また同じく、100%完璧な商品やサービスなどありえない。常に良い面が50%、悪い面50%です。考え方が歪んでいる人は、悪い面50%にばかり目を向ける。そういう人は、リアルネットにはいらない。常に、人や物事の良い面50%に目を向けるようにしよう。人を信じ、商品やサービスに自信を持つためには、悪い面50%には目を向けず、良い面50%だけを意識することが大切だ。

⑦2種類の約束を守る

約束には2つの種類がある。それは、他人との約束。そして、自分との約束である。他人との約束を守るのは当たり前なこと。例えば、お客さんとの約束の納期。チームで決めた期日や方針、またこの思考・行動指針もそうである。一番守るのが難しいのが、自分との約束である。他人との約束は守らなければ、怒られ非難されるが、自分との約束は、誰も怒ってくれないし、非難もされないので、守り抜くのが極めて難しい。人は、自分を正当化するために言い訳を考える天才。それが悪いことではないが、自分が定めた目標や決め事を守ることができる人は、急速に成長して仕事においても大きな成果を生み出すことができる。他人にコミットすることは勿論のこと、自分自身にコミットできる人間になろう。

リアルプロモーション 松本氏のメッセージ

私たちは、良い商品・サービス、または認知はされていないが、商品・サービスにこだわりをもった本物の商品・サービスを世の中に広めていくための支援をする会社として、リアルプロモーションを設立しました。リアルプロモーションという会社名に込めた想いは、大きく2つあります。1つ目は、本物の商品・サービスのマーケティング支援を行う集団であること。2つ目は、私たちが提供するサービス及びマーケティングが本物であること。私たちの提供するマーケティングサービスに自信があるからこそ、初期費用や月額費用などは一切頂かずに、完全成功報酬型でサービスを提供しています。私たちがお手伝いをして、売上や収益が1円でも上がらなければ、料金は1円も頂きません。お手伝いさせて頂くお客様と共に成長していくことを大切にしたいと考えています。

引用元:https://real-promo.jp/us/

リアルプロモーション概要

社名 株式会社リアルプロモーション
代表取締役 松本 剛徹
事業内容 マーケティング支援事業・経営コンサルティング事業・講演会イベント事業
創業 2019年10月1日
資本金 300万円
所在地 〒108-0075
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー8階
取引先銀行 みずほ銀行