ブロリコ|世界初の成分を調査

ブロリコとは!?

ブロリコ成分を知っている人は少ないのではないでしょうか。健康成分として紹介されている「ブロリコ」は、5年という長い研究によって発見された新しい栄養成分です。イマジン・グローバル・ケア株式会社と東京大学が共同で特許を取得しており、さらにアメリカや欧州でも特許を取得しています。また、ブロリコ成分を抽出・サプリメント化して製造・販売しているのは、世界でイマジン・グローバル・ケア株式会社のみとなっています。

皆さんあまり知らない事かと思いますが、「ブロッコリー」は非常に栄養価の高い野菜です。生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれていることをご存知でしょうか。ビタミンCだけでなく、ビタミンB1やB2、カリウム、リンなど健康に良い成分がたくさん詰まっている、健康に有効な成分が詰め込まれている野菜です。

しかしながら、ブロッコリーにはみなさんがご存じの「ビタミン」といった栄養素だけでなく、実は世界でまだ知られていなかった秘められたパワーがあります。この秘められたパワーが『ブロリコ』です。

※※製造特許番号 国内:5394233、5491082 米国:8313779 欧州:2133693

では、このブロリコがどのように体に良い働きをしてくれるのかその点について紹介していきます。

ブロリコの素敵な特徴

ブロリコの凄さは、その健康パワーの強さにあります。より優れた成分を見つけるため、カイコを使ってブロリコとあらゆる食品のパワーをイマジン・グローバル・ケアでは比較しています。

その研究の中では、パワーがあることで有名なアガリクスに含まれるβ-グルカンの約5.7倍(※1)、そしてメカブフコイダンの約6.7倍、DHAの約8倍、アマゾンのスーパーフルーツといわれるアサイーの約25.8倍、プロポリスにおいては200倍以上ものパワーがあることが確認されています。

© Imagine Ogata Seimeigaku Laboratoryイマジン・小方生命学研究所調べ

また、ブロッコリーからブロリコ成分を抽出するには「良質の水」と「ブロッコリーの鮮度」の条件が重要です。製造環境では富士山の雪解け水を水源として使用し、提携農家様のご協力により、朝摘みブロッコリーを氷詰めや冷蔵で送っていただき、収穫から2日以内に、特許技術を有する特殊な抽出方法により「ブロリコ」を抽出します。

また、お客さまにブロリコをお届けするため、イマジン・グローバル・ケアの研究員が改善を重ね、毎回一般生菌数が1mlあたりゼロであることを確認しています。錠剤への加工は、厚労省の定める厳しい基準をクリアしたGMP認証工場にて行っているのでこの点についても安心と言えるのではないでしょうか。

Youtubeの「ブロリコ」チャンネルにてサプリメントの紹介動画がありましたので、こちらにて特徴を確認するとわかりやすいと思います。

ブロリコの成分や商品詳細

商品名 ブロリコ
名称 ブロッコリー抽出物加工食品
原材料名 ブロッコリー抽出物粉末(澱粉分解物、ブロッコリー抽出物)(国内製造)、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素
内容量 27g(300mg×90粒)
賞味期限 製造日より2年間(ラベル枠外下部に記載)
保存方法 高温、多湿、直射日光を避け、なるべく冷暗所に保存してください
定期購入価格 初回1箱目:4,173円(税込)
2箱目以降:5,368円(税込)
通常購入価格 5,962円(税込)+300円(全国一律送料)

ブロリコってどうやって見つけたの!?

ブロリコを研究開発によって見つけたと言いますが、実際にはどのようにして見つけたのでしょうか。新成分として見つかったのですから、その見つけた方法について少し触れていきたいと思います。

ブロリコの発見は、カイコを使い免疫力を測定する方法を生み出し、それによってブロリコが発見されました。カイコに免疫を活性する成分を注入すると筋肉が縮みます収縮度合いで投与物質の免疫効果の大きさがわかるという特性をカイコは持っています。

東京大学によるこの発見は生物学の分野では大変意義のあるもので、生化学の分野で世界で最も権威のある科学誌『Journal of Biological Chemistry』に掲載された実績もあるようです。

しかしながら、ブロリコは硬い細胞壁の中にあるため、100度を超える熱で抽出しなければなりませんこのことから普通にブロッコリーを生や茹でて食べただけでは体内に吸収されずに体外に排出されてしまうと考えられます。だからこそ、きちんとしたアプローチを用いてブロリコ成分を抽出する特許が得られたと考えられます。

ブロリコについての疑問を解消

編集部
ブロリコはどんな人が飲んだらいいのですか?
編集部
ブロリコは健康補助食品だから、「いつまでも健康でいたい」と考える人におススメだね。今の日本にとって健康寿命は大きなテーマだから自分の健康について考えるいい機会かもしれないね。
編集部
そうだね。健康については多くの人が考える大きなテーマだからちゃんと向き合わないとね。でも、このブロリコって単純にブロッコリーを食べればいいんじゃないの?
編集部
それがね、ただブロッコリーを食べればブロリコ成分が得れるというわけじゃないんだよ。実はこのブロリコ成分というものは、ブロッコリーを食べるだけじゃ体にはほとんど吸収されず、そのまま排出されてしまうと考えられているんだ。だからこそ、ブロリコ成分をしっかり抽出した商品を摂ることで、健康維持に活用できるんだ。
編集部
そうだったんだ。やっぱり成分をきちんと抽出するのって難しいんだね。

ブロリコを作る「会社の理念」

ブロリコを作っている会社がどんなところで、どんな理念を掲げているのかは非常に重要なところではないでしょうか。この点をしっかりと調べる事で、どのような会社が作る製品なのか見えてくる事があると思います。

世界にまだない製品で
世界中の人々を健康にすること

私たちのビジョンは、革新的な研究技術と製品で人々の健康に貢献し、世界中の人々を幸せにすることです。

代表の木下は、自身の家族の大病、そして調剤薬局チェーン経営の経験を通して、予防医学の重要性を痛感します。数年にわたる研究を重ね、世界で初めて、ブロッコリーから健康成分「ブロリコ」を発見、製品化に成功しました。世界でも注目を集めるこの成分「ブロリコ」は、東京大学と共同で日本、アメリカ、欧州で特許を取得し、既に、日本、韓国の2拠点から世界中に製品をお届けしています。今後はさらに拠点を増やし、ブロリコをより多くの方々に広めていく予定です。

すべては、皆さまの健康に貢献し、幸せになっていただくために。私たちはこれからも、皆さまとともに歩んでまいります。

日本のこれからは超高齢化社会を迎えます。「2025年問題」がもうすぐそこに迫っており、戦後すぐの第一次ベビーブーム(1947年~1949年)の時に生まれた、いわゆる”団塊の世代”が後期高齢者(75歳)の年齢に達し、医療や介護などの社会保障費の急増が懸念される問題は目前です。

どのような事が起こるかというと、2025年には後期高齢者人口が約2,200万人に膨れ上がり、国民の4人に1人が75歳以上になる計算です。日本で少子高齢化が進んでいることは誰もが承知のことですが、多くの高齢者を数少ない若い現役世代が支えていかなければならず、肉体的、時間的な制約が多くなるばかりか、経済面でも国民に大きな負担がのしかかります。

そんな中で求められているのは「健康寿命」です。そもそも「健康寿命」とは、「心身ともに自立し、健康的に生活できる期間」のことを指します。2000年にWHO(世界保健機関)が提唱して以来、「寿命を延ばす」という従来の指標に加え、「健康でいられる期間を延ばす」という健康寿命の指標が重要視されるようになりました。

このような時代だからこそ、ブロリコによって実現できるかもしれない健康な未来は多くの人が待ち望んでいるのかもしれません。

会社概要

会社名 イマジン・グローバル・ケア株式会社
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木3丁目16番12号 六本木KSビル8F
代表取締役 木下 弘貴
資本金 10,000,000円
創業 平成18年6月
主要取引先金融機関 りそな銀行 新宿支店