つばめエイジェンシーの採用情報(キャリア/特徴/求める人材)を徹底網羅

つばめエイジェンシーについて

つばめエイジェンシーはパチンコを事業としている企業です。パチンコは100年近い歴史を持ち、多くの人にエンターテイメントを提供してきました。またパチンコ業界については、常にアイデアの創造と規制の連続となっています。パチンコ業界の先人達は幾多の困難を、試行錯誤をアイデアに変え、乗り越えて来ました。

このようにアイデアの創造と規制の連続であるパチンコ業界の企業について今回は取り上げてみたいと思います。

つばめエイジェンシーが属するパチンコ業界の市場規模

パチンコ業界の市場規模は非常に大きなものであるとなんとなく知っている人もいるかもしれませんが、実際にパチンコ業界の市場規模はどれくらいなのでしょうか。

レジャー白書の2019年度版において最新の情報を確認すると2018年の市場規模が記載されています。2018年の市場規模は20兆7000億円と算出されており、とても大きな市場規模であることがわかります。

十分大きな市場ですが、2009年頃は2018年よりも10兆ほど大きく、30兆円ほどの市場規模を持っていました。この市場規模の推移がどうなっているか、2009年から2018年までの10年間を確認してみたいと思います。

【パチンコ業界市場規模】

2009年:282,240億円

2010年:259,830億円

2011年:254,890億円

2012年:256,720億円

2013年:250,050億円

2014年:245,040億円

2015年:232,290億円

2016年:227,000億円

2017年:221,000億円

2018年:207,000億円

つばめエイジェンシーが求めている人材|採用担当者の声

業界によって働き方は全く異なります。しかしながら、根本にある「課題を改善して、さらに良い商品やサービスをお客様に届ける」という点はどの業界でも同じではないでしょうか。そこでつばめエイジェンシーが求めている人材について公式ホームページを確認しながら調査しました。

【行動力】:「失敗を恐れず、常に目標に向かって前向きに行動できる人材」

常に成功する必要はありません。失敗も経験してください。そして失敗から多くを学んでください。
失敗するためには、まず「行動」が必要です。
「考える⇒行動する⇒(成功する or 失敗する)⇒検証する」この繰り返しが、人間を大きく成長させてくれます。
また、言われた仕事をこなすだけでなく、会社や自分の目標に向けて積極的にチャレンジしてください。
言われたことをやるだけなら、誰でもできますよね。
あらゆる状況を察知して、今の目標だったり、短期/長期的な目標を掲げ、順を追って達成してけば、会社も個人もきっと成長していけるでしょう。

【協調性】:「相手の気持ちになって考えられる人材」

パチンコ店である当社は接客業です。
お客様は自分の時間を使って、わざわざ「つばめ」に遊びに来てくれます。
「快適で楽しい時間を過ごせた。また来よう!」と思ってもらえるように、心を込めてお客様対応をしてください。
また、会社の目標に向かって進む社員同士、方向性を一致させないとその目標は達成できません。
困っていたら助けてあげる、悩んでいれば相談に乗ってあげる相互扶助の誠心、協力する心は必要です。
優しさや思いやりを持って、会社と共に相互成長を図りましょう。

【向上心】:「周囲と切磋琢磨しながら、成長できる人材」

共に働く仲間は、時には良いライバルでもあります。
「あの人みたいになりたい」「同期には負けたくない」「あの先輩を追い越したい」
一人ではなく、集団で働くからこそ、そのような考えが生まれるのです。
周囲と良い意味で刺激し合いながら働くことによって、向上心が生まれ、スキルアップが出来ることでしょう。

つばめエイジェンシーから見る、パチンコ業界の面白さ

パチンコ業界では、昨今の訪日外国人旅行者(インバウンド需要)の増加を受けて、言語や接客などのグローバル対応の必要性が高まっているのではないでしょうか。そもそもパチンコというエンターテイメント自体、海外には馴染みのない文化となっており、日本特有のエンターテイメントとして海外の方が興味を持っているようです。

また、海外からの観光客には、日本料理や武道など日本人の暮らしや文化に関心を持つ人が非常に多く、訪日外国人が日本に来た際にやりたいことのアンケートをとった結果、パチンコをやってみたいという声も上がっています。

パチンコ・パチスロは、日本の文化として根付いているアニメなどをコンテンツとして取り入れているものが多く、独自の進化を遂げたエンターテイメントとして海外からの観光客に喜ばれるのではないでしょうか。

なお、日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization)の発表によると、2015年に日本を訪れた外国人数は1973万人を記録。 過去最高を記録した2014年に比べ、47.1パーセント、632万人増となっています。その後も日本を訪れる訪日外国人旅行者は増え続けており、海外からも大きな注目を集めているのではないでしょうか。

つばめエイジェンシーのキャリアアップ制度

つばめエイジェンシーでは同じ役職でも、経験や実績などにより個々の年収は大きく違っているようです。やる気のある人はどんどん上を目指す環境が整っていることが公式ホームページからも確認が出来ます。

新人研修の内容が充実

初めて仕事をする人にとって大きな助けになるのは「新人研修」ではないでしょうか。学生から社会人になるための心構えや社員として何をすることが大切なのか、また細かい接客精神を学ぶことが出来るようです。つばめエイジェンシーでは、実習型の研修を行なっており、実際行う仕事の雰囲気を体と頭で覚えることができます。OJTは非常に丁寧に仕組み化されていて、丁寧指導な指導が行き届いているようです。

キャリアアップに男女の差なし

女性の社会進出が出来ているかどうか。そういった点で企業を選んでいる人も多いと思います。その点つばめエイジェンシーは男性だから、女性だから、といった差別するような姿勢はないようです。男女関係なく成果をあげている人に適正な評価を下しています。つまり自分の努力次第でキャリアアップできる環境が整っていると言えるでしょう。

福利厚生環境

企業に勤めようと考えた時に、福利厚生がどのようなものが揃っているかを検討する人は非常に多いと思います。それは、雇用保険・労災保険・健康保険・社会保険が充実しているかどうかです。つばめエイジェンシーでは上記のものは揃っており、その他にも有給休暇・特別休暇・慶弔休暇・育児休暇・出産休暇・連続休暇 等、休暇も充実しており働く環境にきちんと配慮してくれています。また、産休後の復帰も大歓迎、女性にも働きやすい職場となっているようです。

独り立ちへの第一歩

つばめエイジェンシーは宮城県・福島県・栃木県にて計5店舗を運営している企業です。知らない場所で「自分の力を試してみたい」「頑張ってみたい」という方のために各店舗近隣に単身者用社宅を完備しています。安心して仕事に集中できる環境が整っています。

つばめエイジェンシーの企業理念

企業を選ぶ際に、企業としてどのようなことを考えているのか、つまり理念というのは非常に大切なものとなってきます。ここではつばめエイジェンシーが掲げている企業理念について紹介したいと思います。

「衣-食-住 遊」

もっと人生のそばに。

つばめエイジェンシーの会社概要

会社名 株式会社つばめエイジェンシー
代表者 代表取締役 禹(中原)文吉
本社所在地 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目12-1
資本金 3,000万円
創業年月日 昭和57年7月23日
設立年月日 平成15年11月1日
業務内容 遊技場経営・飲食業
店舗数 5店舗 ※福島第一原発20km圏内の5店舗は休業中
関連会社 株式会社つばめホールディングス
株式会社つばめマネジメント
株式会社つばめ高瀬
株式会社サテライト
有限会社つばめユニバーサル
株式会社中原企画
従業員 230名(2019.12.1時点)
取引銀行 三井住友銀行・みずほ銀行・東邦銀行・大東銀行・福島銀行・七十七銀行・北日本銀行