トライ式高等学院について調査

トライ式高等学院はどんな学校?

トライ式高等学院は、通信制高校のサポート校です。トライ式高等学院の強みは、全教職員が「ご家族やお子さまの夢や目標の実現を絶対にあきらめないこと」。志望校に特化したオーダーメイドの学習カリキュラムと完全マンツーマン指導、トライ式AI学習で、お子さまの夢や目標を実現させます。連携通信制高校は、鹿島学園高等学校、日本航空高等学校、高松中央高等学校、ルネサンス高等学校、鹿島朝日高等学校です。

家庭教師のトライで培ってきたマンツーマン指導のノウハウを活かし、無理のない学習カリキュラムを一人ひとりに作成します。学習スタイルは「通学コース」「在宅コース」「ネットコース」から自分に合ったものを選べます。また、進路の目標に合わせて普通科/特進科を選べます。もちろん、途中でコースを変更することもできます。

卒業率は98.6%、進学率は65.5%と他の通信制高校やサポート校と比べて圧倒的な実績です。さらに、通常の授業だけでなくスクールライフも充実。部活動や修学旅行、ハワイ留学などの学校行事もたくさんあります。

トライ式高等学院の3つのコース

通学コース

全日制高校と変わらない充実したキャンパスライフ
キャンパスに通って仲間との学校生活を送るコースです。
通学日数は週1~5日の中から自由に設定できるので、自分のペースで通うことができます。友人を作ったり、行事に参加したりする中で自信を深め、通学日数を増やしていきます。「キャンパス長」「教科担任」「カウンセラー」が日々の登校をサポートし、高校卒業や大学進学などの目標に向けてプランニングを行います。もちろん授業は完全マンツーマン授業で、高校卒業から大学進学まで一人ひとりに最適な学習カリキュラムを作成し、効率よく学習を進めます。

在宅コース

講師やカウンセラーによる訪問サポート
ご自宅に講師やカウンセラーが訪問し、学習サポート・メンタルサポートを行うコースです。
体調が悪かったり、人と接することが苦手だったりと、通学が難しいお子さまでもトライ式高等学院なら自宅で授業を受けることができます。まずはカウンセラーがご自宅を訪問し、お子さまと保護者様のカウンセリングをするところからスタート。お子さまが第三者と会える状況になった後、講師との授業を始め、信頼関係を深めていきます。授業を通じて小さな成功体験を積み、自己肯定感を高め、徐々に自信をつけていきます。

ネットコース

充実のサポート体制で高校卒業・大学受験
トライ式高等学院が提供するオンラインコンテンツを活用し、自分のペースで着実に高校卒業・大学受験を目指すコースです。
一人では進めにくいレポートも、作成・提出に向けた授業を行うので安心。さらに、オンライン家庭教師による指導や、キャンパス長との面談、実力派講師による無料の映像授業「Try IT」など、充実のサポートで高校卒業を目指します。また、他の塾や予備校に通わなくても、トライ式高等学院だけで大学受験まで対策が可能です。卒業率98.6%を誇るトライ式におまかせください。

トライ式高等学院の進路で選べる2つのカリキュラム

普通科

高校卒業と将来の夢や目標を見つける
将来の夢をゆっくり見つけていきたい、まずは高校卒業を目指したいという生徒さまのためのコースが普通科です。
学校行事やイベントを通じて人間関係を作りながら学校生活を楽しみ、様々なスキルを身につけて専門学校進学や資格試験合格、就職などの進路を勝ち取っていきます。
途中で大学進学を目指すときには特進科にコースを変更することもできます。

特進科

大学進学を目指す
将来、大学進学を目指す生徒さまのためのコースが特進科です。
お子さまの志望校合格に向けて個別に学習計画を立案し、受験対策専門のプロ講師がマンツーマンによる個別指導によって合格に導きます。入学時に志望校が決まっていない場合は、まず基礎学力を身につけ、進路指導によって志望校が固まり次第、志望校対策を行っていきます。入学時は中学生の復習からスタートし、難関大に合格した生徒さまも珍しくありません。

トライ式高等学院の卒業率は“98.6%”。高校卒業をゴールとせず、一人ひとりのお子さまに寄り添い、卒業後の進路を見据えたキャリアサポートを提供しています。また一般的に、通信制高校の大学進学率が16%強と言われている中、トライ式高等学院の進学率は“65.5%”を誇ります。一般選抜(旧:一般入試)はもちろんのこと、総合型選抜(AO入試)や学校推薦型選抜(指定校・公募制推薦入試)でも毎年合格者を輩出。志望校に特化したオーダーメイドの学習カリキュラムと完全マンツーマン指導、トライ式AI学習で、お子さまの夢や目標を実現させます。

トライ式高等学院の生徒は?

2020年現在、生徒数は5,000名を超え、キャンパス数は80ヶ所以上あります。不登校で学校に通えない、人間関係に悩みがある、朝になると体調が悪くなって起き上がれない、この先の人生に希望が見えないなど、様々な悩みを抱えている中高生から選ばれています。

全日制高校で単位が取れずに留年した場合でも、連携校への転校によって留年することなく卒業することもできます。当初は体調が悪かったり、人と接することが苦手だったりと、通学が難しい場合も大丈夫なようです。講師やカウンセラーがご自宅への訪問サポートを行いますので、無理なく始めることが可能です。少しずつステップを踏みながら、キャンパスに通学ができるように進めていきます。

トライ式高等学院の卒業後は?

卒業生たちの進路はまさに多種多様となっているようです。東大、京大などの最難関大学へ合格する生徒もいますし、声優やクリエイター、調理師などを目指して専門学校へ進む生徒もいます。皆それぞれ自分の夢や目標を見つけて、それに向かって前向きに学校生活を送っています。2020年度の卒業生は、難関国公立大や私立大をはじめ、630名が合格。進学率は65.5%に上ります。これは「家庭教師のトライ」で長年にわたり培ってきた受験対策のノウハウとプロによる個別指導の力が大きいようです。

トライ式高等学院の授業内容はどうなっている?

授業は生徒一人に対して先生が一人の完全個別指導です。そのため、場所、時間、先生はもちろん、授業の内容も一人ひとりに合わせることができます。授業のレベルも生徒によってそれぞれです。通信制高校のレポート作成を一緒にやってほしい、小中学校の内容からわかっていない、という生徒もいれば、難関大学に合格したいからその対策をしたい、という生徒もいるようです。

学習スタイルを「通学コース」「在宅コース」「ネットコース」から選べるので、学校に通えないという方も無理なく、安心して学べます。また、トライ式高等学院の教職員は、一般社団法人 全国心理業連合会公認の「教育支援カウンセラー」の資格を有しています。学習面だけでなく、心理面で心配なことも安心してご相談いただけます。さらに、キャリアカウンセラーが1対1で生徒に寄り添い、継続的なメンタルケアも実施しています。

トライ式高等学院の授業料は?

2021年4月生募集要項では、新入学の場合は年間で下記の金額がかかります。
・入学金80,000円(ネットコースは50,000円)
・設備費2,000円/月(通学コースのみ)
・システム費は連携通信制高校によって変動
・行事運営費 10,000円
・学費 普通科18,000円/1単位、特進科 32,000円/1単位

大学受験を目指す場合や転編入学の場合は、目指す大学やもともと取得済みの単位数などによって変わりますので、詳しくはお問い合わせください。

会社概要

会社名 株式会社トライグループ
創業年月日 1987年1月
本社所在地 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-10-3
事業内容 家庭教師のトライ
個別教室のトライ
トライ式高等学院
My Gym
大人の家庭教師
プロスポーツ家庭教師のトライ
Try IT
トライ式医学部合格
医学部予備校インテグラ
トライ式合宿
トライ式プログラミング教室
自治体・行政機関との連携事業(全国200以上の自治体・行政機関・学校等への学習支援)
従業員数 社員1,273名(グループ全体、2019年8月時点)

トライグループ記事一覧